News

「TOKYO KNIT 総合展 2023 クロスオーバーエキシビション」開催決定

2023.01.18

2022年度、TOKYO KNITは「語りはじめたファクトリー 未来に問いかけるものづくり」をテーマに、技術力を駆使した環境負荷への取り組みやDXの活用など、これまで実践してきた活動をさらに発展させてきました。
これらの活動の集大成として2023年2月22日(水)・2月23日(木/祝)の2日間、「TOKYO KNIT 総合展 2023 クロスオーバーエキシビション」を渋谷HIKARIEにて開催いたします(入場無料)。


■展示内容
【リサイクループ プロジェクト×TENDER PERSON】
2021年の総合展で様々な反響をいただいた、廃棄される裁断クズを活用して反毛・紡績し編み立てた生地から服を作る「リサイクループ プロジェクト」。昨年の総合展での出会いをきっかけに、今年度はTOKYO FASHION AWARD 2023受賞ブランド「TENDER PERSON」とコラボレートしたコレクションを開発。参加企業11社とともに、15点ほどのアイテムを発表します。
会場に展示した裁断クズの山のまわりを、コラボアイテムを着用したモデルがウォーキングしているように見える、ARプレゼンテーションも行います。スマートフォンや専用ARゴーグルでご覧いただけますので、ぜひ会場で体験してください。


TENDER PERSON

【YUKI HASHIMOTO コラボアイテム発表】
2020年から「ANREALAGE」「Children of the discordance」「MaXhosa Africa」「BED j.w. FORD」など、注目のデザイナーとのコラボレートを行ってきたTOKYO KNIT。2022年度は、アントワープ王立アカデミー学士課程修了後海外ブランドで経験を積み、2018年に自身のブランドを立ち上げた「YUKI HASHIMOTO」とコラボレート。認証企業6社と作り上げるコラボアイテムを初公開いたします。


YUKI HASHIMOTO

【クオリティコレクション】
「サステナビリティ」をテーマに、参加認証企業27社がリサイクル素材やオーガニックコットン、古着などの素材を使用したフーディと⻑袖Tシャツを24体開発。生成りからグレートーンなど、染色段階でなるべく環境負荷のかからないカラートーンで表現します。リサイクループ プロジェクトの素材で作ったオリジナルの織ネームも開発。各アイテムの制作背景やポイントもご覧いただけますので、未来へ向けた各社の思いや技術をぜひ体験してください。


【個別企業プレゼンテーション】
自社オリジナルのファクトリーブランドを持つ認証企業を中心に12社が展示。各社それぞれの強みのプレゼンテーションはOEM/ODMの商談の契機にもつながります。日本のファッションを支える技術力を、ぜひ間近でご覧ください。


【TENDER PERSON・YUKI HASHIMOTO トークショー】
2月23日(木/祝)16:30からはTENDER PERSON デザイナー ビアンカ氏・ヤシゲユウト氏、YUKI HASHIMOTO デザイナー 橋本祐樹氏をゲストに迎えて、会場内でトークショーを開催。司会は株式会社糸編代表の宮浦晋哉氏です。
参加方法については、詳細決定次第本サイトや公式SNSでお知らせします。


今回、展示に使用するマネキン、ハンガー、ボードや招待状にもサステナビリティに配慮したアイテムを使用しました。展示全体を通して、徹底して「未来に問いかけるものづくり」に取り組んでいます。ご注目ください。


一般の方でも、会場入口でご連絡先をご記入いただければ、予約・DMなしでお越しいただけます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。



◆「TOKYO KNIT 総合展 2023クロスオーバー エキシビション」開催概要
開催日時:2023年2月22日(水) 11:00〜19:00
2月23日(木・祝)11:00〜18:00 ※16:30〜 トークショー開催
※プレス及びVIP限定のプレビューを21日(火)16:00〜19:00に開催
会場:渋谷HIKARIE 8F「COURT & CUBE」(東京都渋谷区渋谷2-21-1 8F)



詳細は、今後も本サイトや公式SNSで随時お知らせいたします。どうぞご期待ください。